イワシのつみれ汁.jpg

こちらも日本人が古くから食してきた身近な魚のうちの一つ
鰯をおろす際は金気をきらうので包丁ではなく、手だけでおろす手開きというおろし方が一般的

旬は5月~10月
食べ方は新鮮なら刺身はもちろん、丸ごと塩焼きにしたり、煮物やつみれ汁にしてもおいしい
陸に揚げるとすぐに弱って腐りやすい魚だから鰯、という説がある

稚魚や幼魚はちりめんじゃこ(しらす干し)、釜あげ(釜あげしらす)や煮干しの材料になる

イワシの手開き

イワシはとても柔らかいので、包丁を使わずに
手だけで開くことが出来ます!

イワシの骨取り・皮引き

料理によっては骨をとったり、皮を引くことも。
覚えておいて損はないかもしれません。

アジの南蛮漬け.jpg*アジ
アサリと春野菜の白ワイン蒸し.jpg*アサリ
イワシのつみれ汁.jpg*イワシ
フレッシュトマトのシーフードパエリア.jpg*イカ
ぷりぷりイカと春雨のエスニックサラダ.jpg*エビ
サバの味噌煮.jpg*サバ
サンマとゴボウの七味棒竜田-1.jpg*サンマ
タイのお吸い物.jpg*タイ





3名様以上で特別開講!

お好きな日時で友達同士、職場の同僚と一緒にお魚講座。
サバ寿司カット.jpg


3名様以上でご希望の日時に特別にお魚講座を開講することができます。
原則としてその月に開講しているお魚・メニューとなりますが、ご希望があればできる限り対応致します。
きちんと覚えていただくため定員は5名様までにさせていただきます。

キャンセル待ちもできます。

空いてなくても大丈夫。念のためキャンセル待ちして下さい!

お魚講座は開講日時が少ないため、早い段階で定員になってしまいます。
ですが、予約を入れる時期が早いため、キャンセルは出やすいんです。
なので、キャンセル待ち、入れておいて下さい。
キャンセルが出たらご連絡致します。
キャンセル待ちの方が多い場合は追加で開講することもあります。

お料理はお持ち帰りできます!

お持ち帰り容器、持ってきておいて下さい!
もりつけ.jpg


内容にもよりますが、お魚講座で作ったメニューはデザート意外基本お持ち帰りが可能です。
時期的にお断りすることもありますが、是非力作のお料理をご家族にも食べてもらって下さい!
お弁当にもいいですよ。